西山健太郎の福岡フルーツカクテル紀行【19】

「BAR 藤」の「桃のフローズンカクテル」

公開日

最終更新日

ライター西山健太郎

カメラマン西山健太郎

「BAR 藤」(天神)の「桃のフローズンカクテル」

天神

BAR 藤

西山健太郎

福岡市役所に勤務するかたわら、2017年2月に樋口一幸氏(Bar Higuchi 代表)と非営利団体「福博ツナグ文藝社」を設立。福岡・博多の地域文化の魅力について独自の切り口で発信している。

  • LINE

真夏にこそ味わいたい、シャーベット感覚のピーチカクテル

BAR 藤

今回は、天神・親不孝通りの「BAR 藤(ふじ)」を訪問。
オーナーバーテンダーの後藤亮さんは、かつて中洲、天神西通り、親不孝通りなどに店舗展開していた「サントリー・ジガーバー」に10年勤めたのち、2007年10月、この場所に「BAR 藤」をオープン。今年15周年の節目を迎える。
店内を見渡すと、これぞオーセンティックといった内装や装飾品もさることながら、壁にずらりと並んだシングルモルトを中心としたウイスキーのラインナップは圧巻だ。

「BAR 藤」(天神)の「桃のフローズンカクテル」

今回オーダーしたのは「桃のフローズンカクテル」。
ウォッカに桃の果汁と少量のピーチリキュールを加え、クラッシュアイスとともにブレンダー(ミキサー)にかけたものだ。
見た目はまさにシャーベット。スプーンですくって口に運ぶと、氷のシャリっとした食感のあと、モモの風味と甘さが口いっぱいに広がり、まさに涼風が体の中を吹き抜けていく気分。スライスされた桃が添えられているのも嬉しい。
「店名は漢字一文字にこだわりたかった」と語る後藤マスター。「藤」の「歓迎」「至福の時間」といった花言葉に相応しい、天神エリアでは貴重な本格派のオーセンティックバーである。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

BAR 藤

ジャンル

  • バー

住所

福岡市中央区天神3-7-13 第13ラインビル1F

電話番号

092-716-2788

営業時間

18:00~翌2:00

定休日

なし

席数

  • カウンター8席
  • テーブル24席

個室

なし

メニュー

チャージ550円、桃のフローズンカクテル1,650円、フルーツカクテル1650円、カクテル1,100円~、ウイスキー1,100円〜

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)