西山健太郎の福岡フルーツカクテル紀行【12】

「BAR柳瀬」(薬院)の「季節のフルーツカクテル <白ブドウ>」

公開日

最終更新日

ライター西山健太郎

カメラマン西山健太郎

柳瀬アイキャッチ

西山健太郎

福岡市役所に勤務するかたわら、2017年2月に樋口一幸氏(Bar Higuchi 代表)と非営利団体「福博ツナグ文藝社」を設立。福岡・博多の地域文化の魅力について独自の切り口で発信している。

  • LINE
BAR柳瀬

今回は、薬院・今泉・警固の各エリアがちょうど重なりあう場所に位置する上人橋通りの「BAR柳瀬」を訪問。
オーナーバーテンダーの柳瀬博一さんは、大名・中洲の「BAR倉吉」に13年勤めたのち、2016年9月、現在の場所に「BAR柳瀬」をオープン。
通りに面した大きな窓が演出する開放感、カウンターやバックバーの木の温もり、スピーカーから流れるBGMの柔らかな音質。高級感や重厚感がありながらも、いったんカウンターに腰を落ち着けると、肩の力を抜いてリラックスできる空間の妙が素晴らしい。

「BAR柳瀬」(薬院)の「季節のフルーツカクテル 」

今回オーダーしたのは「季節のフルーツカクテル <白ブドウ>」。
薄皮・種なしの白ブドウをシェイカーの中で潰し、ジン、マスカットリキュール、ライムジュース、シュガーシロップ、そして稀少なアールグレイリキュールを加えてシェイク。
ジンのアルコールによって白ブドウの気品あふれる甘さが前面に押し出され、喉を通り過ぎた後の余韻を紅茶の風味がふんわりと包み込む。やや大ぶりのグラスでサーブされ、飲み応えも十分の一杯だ。
「客席と化粧室に窓を備えた風通しの良さ、通りに面したビルの最上階というわかりやすい立地にこだわり、この場所に決めました」と語る柳瀬マスター。市内のオーセンティックバーとしては珍しく店内禁煙を掲げるなど、客のニーズや趣向への細やかな配慮が随所に見られ、その真摯な人柄を慕う常連客・ファンも多い。

店舗名

BAR柳瀬

ジャンル

  • バー

住所

福岡市中央区警固1-1-24 KEGO124TERRACE 6F

電話番号

092-762-0762

営業時間

18:00~翌3:00

定休日

なし

席数

  • カウンター10席
  • テーブル10席

個室

なし

メニュー

チャージ600円、季節のフルーツカクテル<白ブドウ>1,600円、フルーツカクテル1,600円~、カクテル1,000円~、ウイスキー1,000円~

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)