奥深きタイ料理の世界に誘う、ニューフェイスが大手門に誕生

公開日

最終更新日

ライター鹿毛望

カメラマン鹿毛望

大手門

mêek(メーク)

  • LINE

昔ながらの店が並ぶ大手門商店街周辺は、最近新しい飲食店が次々にオープンしている、いま注目のグルメスポット。この大手門に6月、新しくタイ料理店「mêek」が誕生しました。

meek0811b

訪れてみると、いい感じのレトロ感が漂っています。前身は50年続いた「雲」という喫茶店で、その店名をタイ語で継いでいるのだそう。カウンターがメインのこぢんまりとした店内には、小さなテーブルが一つ。店内からは簀子公園を眺められ、のんびりとした空気に包まれています。

店主の橋本博さんは、19歳の頃からタイに通っていた筋金入りのタイ好き。その思いが高じてエスニック料理の人気店だったジャミンカーやメキシコ料理店、中東料理店などさまざまな店で経験を積み、ついに念願のタイ料理店をオープンしました。

meek0811c

まずは「ランチA」(1,200円)を注文。セットとして付いてくる揚げ春巻きや冬瓜のスープを味わっていると、メインの「カオマンガイ」がお目見え。一見シンプルに見えますが、鶏油にニンニクや生姜の香りをうつして、タイ米を生の状態で炒めて鶏油でコーティングし、鶏のブイヨンで炊き上げるという手間ひまかけた一皿。しっとりした鶏肉と香り豊かなライスが絶品です。タイのもろみとエシャロット、ライムジュースなどを使ったタレもさっぱりしていて食が進みます。今後カオマンガイは、別の料理に変更になる場合もあるそうです。

ランチがとっても良かったので、別の日に夜もお邪魔してきました。夜は7〜8品が付くコース(5,000円〜6,000円)のみ。コースはだいたい、前菜、サラダ3種、肉料理、スープ、揚げもの、蒸しもの、米料理、麺などを楽しめますが、日より内容が変わるそうです。

meek0811d

3種のサラダのうちの1種として登場したのが、豚肉とミントのサラダ「ナムトックムー」。タイの東北地方に伝わる料理で、たっぷりのせたミントとタイの紫タマネギ、ライムの爽やかな辛さがクセになります。味付けはナンプラーだけのシンプルな料理なのですが、食材の組み合わせが独特の風味を醸し出していて、タイ料理にこんな味わいがあるなんて!とちょっとびっくり。炊き立てのタイの餅米がサーブされるので一緒にいただいたのですが、これがモチモチしていて美味しくて、ついおかわりしてしまいました(笑)。

meek0811e

次はスープ料理「トムヤムヘッド」。スープ自体は澄んでいるけれど、スパイスの複雑な香りと味わいを堪能できるスープで、後味はさっぱり。「トムヤムクン」と異なり、エビ(=クン)ではなく、きのこ(=ヘッド)を使った料理で、ヤマドリダケモドキとあんず茸を使用。とろりとした食感の冬瓜も入っています。

meek0811f
meek0811g

そして揚げものを味わった後は、沖縄産のバナナの葉に包まれた鶏肉の蒸し料理「ホーヌンガイ」が登場。葉を開くとバナナの葉のなんともいい香りが湯気とともに広がります。鶏肉とゴーヤ、オクラ、シシトウといった旬の野菜をしっとりかつホクホクとした食感で楽しめます。素材の甘みや苦味の奥に、自家製のカレーペーストの風味がほのかに感じられる、なんだかホッとする優しい味わいです。

meek0811h

次は牛肉入りのタイ風ビリヤニ「カオモックヌア」。レモン汁やナンプラーを使った酸味のあるタレ(手前)や、辛いカレー(奥)をお好みでちょこっとずつかけながらいただくとさらに美味しさアップします。この後、麺が出てコースは幕を閉じます。

「タイは4つのエリアに分かれています。北部は中国・雲南省の発酵料理、南部はマレーシアが近いためイスラムの影響を受けた料理、中央部は潮州の麺料理やチャーハン、東北は農村地帯で昆虫を食べる文化もあるなど、地方によって食文化に結構違いがあって面白いんですよ」と橋本さん。今までタイ料理大好き!と食べていたカオマンガイやトムヤムクンはタイ料理のほんの一部だったんだなぁ。今日のコースで今まで知らなかった料理を味わえて、タイ料理の奥深さをしみじみと感じました。

店では橋本さんのディープなタイ話を聞けますが、タイ料理初心者もウェルカム! 大人4名以上であればお子さん連れでも大丈夫です。

実は野菜にもこだわっていて、福岡の「金子商店」など話題の野菜店から仕入れた食材を中心に使っています。橋本さんとカウンターに座っておしゃべりしながらコースを味わっていると、あっという間の3時間半……すっかり心はタイにトリップしていました。

店舗名

mêek(メーク)

ジャンル

  • 各国料理

住所

福岡市中央区大手門3-1-21

電話番号

なし ※予約はインスタのD Mから(夜は2名〜、前日までに要予約)

営業時間

11:30〜OS14:30/18:00〜OS19:30/テイクアウト予約〜14:30、受取〜17:00

定休日

日曜、月曜 ※8/12〜15休み、16の夜営業より再開

席数

  • カウンター8席
  • テーブル2席

メニュー

ランチAカオマンガイ1,200円、ランチBカレー1,200円、ディナーコース5,000円〜6,000円、シンハービール600円、ビアラオ600円、グラスワイン700円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)