西山健太郎の福岡フルーツカクテル紀行【4】

「タナカネジ」(今泉)の「フレッシュザクロのジャックローズ」

公開日

最終更新日

ライター西山健太郎

カメラマン西山健太郎

西山健太郎

福岡市役所に勤務するかたわら、2017年2月に樋口一幸氏(Bar Higuchi 代表)と非営利団体「福博ツナグ文藝社」を設立。福岡・博多の地域文化の魅力について独自の切り口で発信している。

  • LINE

フレッシュザクロとアップルブランデーのマリアージュ

タナカネジ

今回は、今泉の「タナカネジ」を訪問。
オーナーの田中俊彦さんは、中洲の「Bar Cherry」で6年半修行され、2018年6月、この場所に「タナカネジ」をオープン。
大学で建築・設計を学び、一時期設計事務所にも勤務していたという田中マスター。店名を決める際、最初に浮かんだのは「BAR田中」。そこに、自らのキャリアを暗示する「ネジ」というフレーズを掛け合わせて「タナカネジ」という店名が誕生したとのこと。
内装やウイスキーのラインナップとも相まって、この店のオリジナリティの高さが、そのネーミングに表れている。

タナカネジカクテル

今回オーダーしたのは「フレッシュザクロのジャックローズ」。
「ジャックローズ」は、フランス・ノルマンディ地方で造られるアップルブランデー「カルヴァドス」をベースに、ザクロ果汁と砂糖でできた「グレナデンシロップ」を加えた、スタンダードカクテルの代表格。
フレッシュザクロの果汁と砂糖に、ニッカのアップルブランデー「ニッカブランデー X.O」を合わせるのが「タナカネジ」流。酸味の調整にライム果汁が少量加わる。
深紅の色合い鮮やかに、ザクロの甘さと酸味をアップルブランデーのまろやかさが包み込む。真冬の夜に似合う、エレガントな一杯。

店舗名

タナカネジ

ジャンル

  • バー

住所

福岡市中央区今泉2-3-8 いまいずみ壱番館 1F

電話番号

092-287-5229

営業時間

19:00〜翌1:30

定休日

月・火曜

席数

  • カウンター12席

個室

なし

メニュー

チャージ500円、カクテル・ウィスキー1,100円~、季節のフルーツカクテル1,540円~、フレッシュザクロのジャックローズ1,650円、自家製レーズンバター1,100円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)