西山健太郎の福岡フルーツカクテル紀行【14】

「BAR RONDO」(中洲)のブルーベリーカクテル「涼風(すずかぜ)」

公開日

ライター西山健太郎

カメラマン西山健太郎

「BAR RONDO」(中洲)のブルーベリーカクテル「涼風(すずかぜ)」

西山健太郎

福岡市役所に勤務するかたわら、2017年2月に樋口一幸氏(Bar Higuchi 代表)と非営利団体「福博ツナグ文藝社」を設立。福岡・博多の地域文化の魅力について独自の切り口で発信している。

  • LINE

フレッシュブルーベリーとヨーグルトが溶け合う新感覚のサマーカクテル

BAR RONDO

今回は中洲の「BAR RONDO」を訪問。
オーナーバーテンダーの吉川真美さんは、中洲の「BAR HEART STRINGS」に3年、「ニッカバー七島」に7年勤めたのち、2012年10月、現在の場所に「BAR RONDO」をオープン。
店名の「ロンド(輪舞曲)」には、音楽を愛し、客との交流・会話を大切にする吉川さんならではの「お客様の御縁がつながり、幸運が舞い込みますように」という想いが込められている。
店内を見渡すと、カウンターの表面に施された組子細工、バックバーを飾る彩り豊かなタイル、ステンドグラスやアンティーク家具など、繊細な美を感じる演出が随所に散りばめられている。

「BAR RONDO」(中洲)のブルーベリーカクテル「涼風(すずかぜ)」

今回ご紹介するブルーベリーカクテル「涼風(すずかぜ)」は、この「UMAGA」の連載のために考案いただいた新作のオリジナルカクテルで、糸島産のフレッシュブルーベリーをラム、ヨーグルト、生クリームと合わせてブレンダー(ミキサー)で仕上げた一杯。
序盤はブルーベリーの香りと生クリームのコク、ラムの風味が広がり、まるで上質なレアチーズケーキを思わせる「デザート感覚」の味わい。そして飲み進めるうちに、ブルーベリーの皮や実の食感、ヨーグルトの爽快感、氷の粒の清涼感が重なり合う「スムージー感覚」の味わいへと、時間の経過によって印象が変化するのが面白い。
「バーテンダーとしての自分を通して、野菜や果物の素材としての本質や文化・芸術の魅力を伝えることができたら」と語る吉川さん。
オーセンティックでありながらも、肩の力を抜いてそうした新しい知識や体験と出会えるのが、このバーならではの魅力となっている。

店舗名

BAR RONDO

ジャンル

  • バー

住所

福岡市博多区中洲4-1-35 岡部ビルⅠ B1F

電話番号

092-282-0139

営業時間

19:30 ~ 翌3:00

定休日

日曜・祝日

席数

  • カウンター6席
  • テーブル10席

個室

なし

メニュー

チャージなし、ブルーベリーカクテル「涼風(すずかぜ)」1,500円、フルーツカクテル各種1,400円〜、カクテル各種1,300円~、ウイスキー各種900円〜

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)