週末グルメドライブVol.10 Presented by Audi 福岡中央

福岡県で人気のベッドタウン、春日市でお気に入りの味に出会う

公開日

最終更新日

ライター毛利智子

カメラマン毛利智子

春日市

公園いっぱい、緑いっぱいの街へ

  • LINE

今回ご紹介の春日オススメスポット
①お菓子の機械工房 テック
②白水大池公園(しろうずおおいけこうえん)
③アルペンアウトドアーズフラッグシップストア福岡春日店
④INDIAN SPICE FACTORY(インディアン スパイス ファクトリー)
⑤Blue Roof 春日公園店(ブルールーフ)

福岡県の中西部に位置する春日市は、公園やため池の多い緑豊かな街として、県内の住みやすい街ランキングで常に上位にランクインしています。今回は、わざわざ行きたい個性的なショップを訪ねました。緑のトンネルを抜けながら、心地よいドライブを楽しんで!

「お菓子の機械工房 テック」でドーナツ大人買い!

まずは、スイーツショップ「お菓子の機械工房 テック」へ。その名のとおり、こちらはお菓子の機械を製造販売している会社です。ショップは機械のショールームも兼ねていて、試作したものを破棄するのがもったいなくてショップを始めたといういきさつがあるそうですが、今では地元はもちろん遠方から買いに来る人も多い人気店になっています。ショップの奥に厨房があって、実際に試作をしにくるショップの人が使えるようになっています。

看板商品の「ドーナツ」は常備約10種。プレーンとチョコが人気だそうですが、レモンなど季節限定の味も気になります。どれも1個150円ですが、クランチが付いたものだけが160円です。オールドファッションタイプで、脂っこくなくサクッと軽いので2~3個はいけます。

ドーナツ以外にも「もちもちどら焼き」やリンゴやオレンジなどの果肉が入った焼き菓子「テクテク」などが並び、どれも120~160円とリーズナブル。「ここからここまで全部」と大人買いしたくなります。売り切れ次第閉店なのでお早めに! 月~水曜は店休日なのでご注意ください。

Audi Q2

ドーナツを持って近くの「白水大池公園」へ散歩に出かけるのもいいですね。
ここは筑前三大池のひとつである白水大池を中心に整備された総合公園で、池の周りには遊歩道やジョギングコースがあり、子ども向けの遊具がある広場、サッカー・ラグビー用競技場、天文台など、施設が充実していて緑もいっぱい!駐車場も3~4か所あり、のんびりと過ごすのに気持ちのいいスポットです。

アウトドア好き必見の「アルペンアウトドアーズフラッグシップストア福岡春日店」

巷では空前のキャンプブーム。かく言う私もここ数年、よくキャンプに出掛けていますが、キャンプ好きの間で必ず名前が挙がるショップが「アルペンアウトドアーズフラッグシップストア福岡春日店」です。スポーツショップ「アルペン」が手掛けるアウトドアグッズ専門店で、1~2階に広がるフロア面積は約1200坪! 取り扱いブランド数、アイテム点数ともに、九州、いや全国屈指の店舗なのです。
1階は登山、トレッキング、ロードバイク関連商品、2階は、テントを始め、小物から大物までさまざまなキャンプグッズやアウトドアメーカーのアパレル商品が所狭しと並んでいます。

そしてここの一番の特徴は、興味のあるテントやタープを実際に張ってもらえることです。テントって、大きさはもちろん、張り方、使い勝手など、実際に見て触ってみないとわからないことがいっぱいですよね。こちらでは数100種前後あるテントやタープをどれでも張ってくれます。
いろいろ見ているとついつい長居してしまい、買うつもりのなかったものまで買ってしまいます……。あぁ、早くキャンプに行きたい!

春日で出会う、初めてのベンガル料理

※店舗より提供

本日のランチは「INDIAN SPICE FACTORY」で。最近、体がスパイスを欲していることが多く、インドやタイ、ベトナムの料理が食べたくなります。春日にも現地人シェフが料理を手掛ける各国料理の店が数軒ありますが、こちらの「INDIAN SPICE FACTORY」との出会いは衝撃的でした。
いただいたのは、チキン、フィッシュ、野菜2種、豆カレーの5種のカリーと副菜2種、バスマティライス、パパド、ピクルスがのった「ノンベジスペシャルターリー」(1,980円)。ターリーとは大皿という意味で、インド東側・ベンガル地方の定食のスタイルです。大皿の上にはいろいろな料理が乗っていますが、この地方では混ぜて食べる習慣はなく、豆から野菜、肉、魚介類とコースのように、軽い味付けの物から食べ進め、それぞれの味をしっかりと楽しむのだそうです。インドも広いので、スタイルも食べ方もいろいろなんですね~。そうそう、ナンがないのもこの地方の特徴です。

あまり馴染みがない料理なので、カウンターに座ってあれやこれやとご主人に質問してしまいます。ベンガル料理は、インドの東端、バングラディシュとの国境にあるコルカタ(カルカッタと言えばわかる人も多いかもしれませんね)というインド有数の大都市を中心とするエリアで親しまれています。魚介類や野菜が多く、マスタード、フェヌグリーク、ニゲラ、クミン、フェンネルの5種類のスパイスに、少し酸味と辛味のあるマスタードオイルを合わせるのがベンガル料理の特徴です。
オーナーの中山浩司さんが、仕事でコルカタに赴任したのをきっかけに、ベンガル料理にすっかりハマってしまったのだとか。あえて日本人の口に合わせることはせず、インド人シェフによる現地そのままの味を提供してくれます。

※店舗より提供

ターリーでいろいろなベンガル料理に触れてすっかりとりこになってしまい、夜も来てみたい! 夜は単品料理が豊富に揃っていて、「ビリヤニ」(1,540円~)などの知っているメニューもありますが、「魚のマスタード煮」(1,650円)といったあまり他のインド料理屋さんでは見ない料理がたくさんメニューに載っていて、どれも気になるので、数人で伺って取り分けていただくのがよさそうですね。

中山さんファミリーとシェフのイマム・アリさん。お店はアットホームな雰囲気ですが、料理はかなりの本格派。ベンガル料理を出す店は日本でも珍しく、遠方からわざわざ食べに来る人も多いそうです。

「Blue Roof」のフレッシュスムージーでビタミンチャージ!

スパイスで元気になった後は、旬のフルーツや野菜たっぷりのスムージーをおやつに。4月にオープンしたばかりの「Blue Roof 春日公園店」は、糸島で人気のスムージーショップの姉妹店です。今のオススメは「メロンスムージー」(1,100円)。メロンの果肉もたっぷりで、パフェのような贅沢なドリンクです。

※店舗より提供

ドリンクは「アサイースムージー」(中左・550円)や「グリーンスムージー」(中右・550円)など、定番7種と季節限定1~2種類のスムージーのほか、レモネードやチーズティーなどがあります。

※店舗より提供

こちらのもうひとつの目玉は、東区の人気食パン店「なるへそタンマ」の高級食パンを使ったサンドイッチやトースト。サンドイッチは「たまごサンド」(200円)、「エビカツサンド」(350円)、トースト(イートインのみ)は「フレンチトースト」(ハーフ800円)、「クロックマダム」(900円)などがあります。サンドイッチはテイクアウトもでき、お願いしたらトーストしてくれます。

店内でもゆっくりできますが、ドリンクやサンドイッチをテイクアウトして春日公園でピクニックするのもいいですね。

この記事はAudi正規ディーラーAudi福岡中央の提供でお届けしました。

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

お菓子の機械工房 テック

ジャンル

  • スイーツ

住所

春日市松ヶ丘6-6-1

電話番号

092-710-0264

営業時間

10:30~18:00(売り切れ次第閉店)

定休日

月~水曜

個室

なし

メニュー

ドーナツ150円~、テクテク120円~、もちもちどら焼き150円、バナナケーキ150円、ドーナツラスク150円

店舗名

白水大池公園(しろうずおおいけこうえん)

住所

春日市下白水209

電話番号

なし

営業時間

駐車場9:00~22:00(東駐車場は土・日祝日及び3月20日~4月20日のみ開放。10:00~22:00)

定休日

なし

店舗名

アルペンアウトドアーズフラッグシップストア福岡春日店

ジャンル

  • 物販店

住所

春日市星見ヶ丘6-63

電話番号

092-595-5801

営業時間

10:00~21:00

定休日

なし

店舗名

INDIAN SPICE FACTORY(インディアン スパイス ファクトリー)

ジャンル

  • アジア料理

住所

春日市昇町4-24

電話番号

092-586-6665

営業時間

11:30~OS14:30/18:00~OS20:30

定休日

月曜

席数

  • カウンター5席
  • テーブル10席

個室

なし

メニュー

ランチ/ノンベジスペシャルターリー1,980円、ノンベジタリアンターリー1,540円、ベジタリアンターリー1,540円、ディナー/鶏つみれのスパイス串焼き1,320円、チキンココナッツカリー1,320円、豆カレー990円、フィッシュカリー1,650円、ビリヤニ1,540円

店舗名

Blue Roof 春日公園店(ブルールーフ)

ジャンル

  • カフェ

住所

春日市春日公園2-61

電話番号

092-986-2022

営業時間

10:00~19:00(土・日祝日は10:00~19:00)

定休日

不定

席数

  • テーブル12席
  • 小上がり7席

メニュー

スムージー550円~、サンドイッチ200円~、トースト250円~

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)