絶品の赤身とホルモンを堪能! “大人が胃もたれしない”焼肉店

公開日

最終更新日

ライター鹿毛望

カメラマン鹿毛望

春吉

わたなべ三十

  • LINE

昨年11月、春吉交差点から入った春吉本通りに焼肉店「わたなべ三十(ミート)」がオープン! モダンな外観で外から店内は見えそうで見えず、どんなお店なのかな〜と気になっていました。

扉を開けると、木のあたたかみを感じるカウンターが8席。一人でも入りやすい雰囲気にホッ! カウンターで一人焼肉も気軽にできそう! これは新しいオアシス発見の予感です♪

2階にはテーブルが2つ、さらに個室になっているテーブル席が2つあり、ちょっとした集まりにも良さそう!

「大人のための焼肉屋を作りたかったんです」と話す店主の渡邉勇樹さんは、元・鳶職人という異色の経歴の持ち主。住吉や春吉などで展開する人気焼肉店「ばかとあほ」で6年修行した後、30代に入って大好きな焼肉が胃もたれするようになったという自身の経験から、30歳以上の大人のために脂身ではなく肉そのものの味わいを楽しめる“赤身”と“ホルモン”をメインにした店をオープンさせました。(もちろん30歳以下の若い方も歓迎しているそう!)

カウンター席に座って、まずは「内もも」(980円)をオーダー。ほんのりサシが入った美しい赤身に目が釘付けに!

どの肉も噛んだときに旨みをしっかり楽しめるよう、薄切りではなくやや厚めにカットしているのがポイントです。早速「内もも」を焼いてみましょう!

卓上のガスロースターは、探し歩いて見つけた東京のメーカーのものを使用。「七輪で炭火焼きにするのも香りが立って良いのですが、炭の並べ方によって火力が変わってしまうので、実は焼くのが難しいんです。とくにうちはお酒を飲みながら味わって欲しいので、ラフに焼いても美味しくなるこのロースターにたどり着きました」と渡邉さん。

好きな焼き加減で焼いたら「内もも」は、ヒマラヤ岩塩をつけて味わうのがおすすめ。「箸にちょっとだけ塩をつけてそのまま肉をつまんで食べてください」。言われた通り口に入れるとふわ〜っと肉の風味が広がり、噛むとジュワッと肉そのものの旨みが染み出しました。ロースターで付けた焼き目も香ばしく、ほんのり塩味が肉の甘みをさらに引き立てます。

プルンプルンに揺れながら登場した「朝びき牛レバー」(980円)は、ちょっぴりレアめに焼いていただきました。サクッとした鮮度を感じる食感を楽しんだ後に、濃厚な旨みが口いっぱいに押し寄せます。「しっかり火を通して焼いても食感が変わって美味しいですよ」と渡邉さん。レバーなどのホルモンは北九州の「食肉センター」から店に直送。渡邉さん自身が北九州出身のため、「そのコネをフル活用した(!)」という独自の仕入れルートは、仲卸や精肉店を挟まないのでより鮮度抜群! しかもお手頃価格で味わえる!と嬉しいことばかりです。

頬肉のため精肉の世界ではホルモンに分けられる「ツラミ」(680円)。よく動かしている部位のため、柔らかくも程よい噛み応えがありこれまた絶品でした!

またホルモン通に愛される部位「ヤン」(700円)があることも見逃せません。センマイとハチノスを繋ぐ部位で、通常はどちらかの部位に振り分けられることが多いのですが、こちらでは丁寧に下処理して提供。「歯切れが良くてサクサクした食感なんですよ」とのこと。次回はぜひ頼もう! と固く心に誓いました。

きりりとした表情が印象的な渡邉さんですが、話し始めると途端に笑顔に! お肉を出す度に「これは塩がおすすめです」「これはタレで」など部位ごとに一つ一つ丁寧に教えてくれます。「お客様によってお好きな味は違うので、自由に楽しんでもらいたいのですが、店からのおすすめの食べ方もぜひ伝えたくて」。美味しい肉をさらに美味しく食べて欲しい! という“肉愛”が伝わってきます。

ほかにも手のひらほどの大きさの「原木しいたけのステーキ」(480円)、さっぱり感がたまらない「季節野菜の甘酢漬け」(320円)などサイドメニューも楽しめます。

それから「わたなべ三十」で忘れてはならないのが日本酒です。赤身肉やホルモンの濃い旨みに負けない、どっしりとしたにごり酒が中心。福岡の「美田」や京都の「玉川」など、スパークリング含め約10種類揃っています。極上の赤身とホルモン、にごり酒のマリアージュをご堪能あれ!

この記事が面白かった方、参考になった方は「いいね!」をお願いします。

店舗名

わたなべ三十

ジャンル

  • 焼肉・ホルモン焼き

住所

福岡市中央区春吉3-24-29

電話番号

092-753-7736

営業時間

18:00〜OS翌2:30(日曜はOS 23:30)

定休日

月曜

席数

  • カウンター8席
  • テーブル20席

個室

4〜12名

メニュー

牛ハツ580円、しんしん1,480円、ザブトン880円、米ナスのバターステーキ1,480円※今後コースもできる予定

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)