週末グルメドライブVol.6 Presented by Audi福岡中央

色彩あふれる油山へ。気分アップ!春ドライブ

公開日

最終更新日

ライター毛利智子

カメラマン毛利智子

油山エリア

花、スイーツ、夜景etc. キラキラがいっぱい!

  • LINE

今回ご紹介の油山エリアオススメスポット

①ハラペコラボ ミュージアムショップ&カフェ
②サイラー
③も~も~らんど(油山牧場)
④レストランMORI(モリ)

福岡市内から約30分。城南区・早良区・南区にまたがる油山は、これからの季節、チューリップや桜、ツツジなど、山全体で春を感じる自然豊かなエリアです。今回は、南区の大池通りを経由して油山へ。宝石箱のようなスイーツ店や老舗ベーカリーなどに立ち寄りながら、色とりどりの花々を楽しみ、夜景の美しいレストランや展望台を訪ねます。市内から気軽にお出かけ気分が味わえる油山へ、たくさんの“うっとり”を見つけに行きませんか⁉

「ハラペコラボ ミュージアムショップ&カフェ」で宝物探し

大池通り沿いの「ハラペコラボ ミュージアムショップ&カフェ」へ。ダークトーンのシックな店内に並んでいるのは、色とりどりの宝石!かと思いきや食べられるスイーツなんです。こんなに美しいものを食べていいのかしら……と迷ってしまいますが、これは「こうぶつヲカシ」という「ハラペコラボ」の看板商品。「ハラペコラボ」は食×アートの美味しい料理を提案するフードクリエーター集団で、もともとお弁当やケータリングからスタートし、2017年にジュエリーショップからのリクエストで作った「こうぶつヲカシ」がすっかり人気となり、全国から注文が集まるようになったそうです。ここは、その世界観を表現したミュージアムショップ&カフェ。「こうぶつヲカシ」はもちろん、オリジナルのグッズも販売。隣のカフェではキラキラのデザートやランチが楽しめます。

まるで本物!「こうぶつヲカシ」

なんと! 中央の白く丸い物体以外はすべて「こうつぶヲカシ」。間近で見ても本物の鉱物と全く区別がつかないぐらい、その再現力たるやお見事! まさに食べるアートです。
「こうぶつヲカシ」は砂糖と寒天で作られた和菓子でよく見かける琥珀糖の製法で一つ一つ手作りされています。ラズベリー、レモン、ミント、シャンパーニュ、ぶどう、カラメル、抹茶など、色や季節に合わせて十数種のフレーバーを展開。宝石箱のようなボックスに入っていて、贈り物にもぴったりです。

※店舗より提供

四季折々でお茶&スイーツのセットが登場します。「春のティータイムのこうぶつヲカシ」(1,728円)は、イチゴやピーチココナッツ、ラズベリーなど全9種の味をラインナップ。お茶の本場静岡県島田市、牧之原台地で丁寧に作られたこだわりの煎茶(カネロク松本園)のティーバック1包がセットになっています。

※店舗より提供

星屑を集めたような「こうぶつのカケラ」(3,240円)は様々な形や味がミックスされていて、宝探ししているみたいです。

カフェメニューもゴージャス!

※店舗より提供

カフェではできたての「こうぶつヲカシ」を使った「ハラペコアイスクリーム」や「スペシャル鉱物パフェ」などが楽しめます。できたてのキラキラ感は格別! 食感も違うのでぜひお試しあれ!

※店舗より提供

なかでもひと際キラキラオーラを放っているのが「宝石のカッサータ」(写真右・1本4,320円、写真左・イートイン770円)。カッサータとはリコッタチーズを使った甘さ控えめのクリームにベリーやオレンジピール、チョコ、ナッツを混ぜて冷やし固めたイタリア発祥のアイスケーキ。「ハラペコラボ」では、カッサータに「こうぶつヲカシ」を散りばめていて、見ているだけでもテンション上がります。カフェでも味わうことができるのでお試しあれ!

これは便利! おしゃれグッズを発見

※店舗より提供

スイーツもキラキラしていますが、店内にはほかにもキラキラしたオリジナルグッズが並んでいます。特に気になったのがこちらの「サラダロードシート」(60×90㎝2枚入り990円)と「ペコロール」(22㎝×5m880円、30㎝×5m990円)。サラダや宝石などの写真やイラストが描かれたシートに食品対応の耐油性耐水性加工が施してあるので、テーブルに広げて直接食べ物を置くことが可能なんです。テーブルは華やかになるし、プレートの絵が描いてあるシートもあって、お皿いらずで後片付けも超簡単。パーティで話題になること間違いなし! 目からうろこのアイデアグッズです。

地元で愛され続ける「サイラー」。その人気の秘密を体感!

サイラー

大池通りを進み、目指すは老舗の超人気ベーカリー&カフェ「サイラー」。創業から30余年、オーストリアやドイツの食文化を紹介し続けてきた名店です。平日の午後というのに土日?と思うほどお客さんが多い人気ぶり。さすがです。お邪魔するのは久しぶりでしたが、パンの種類の多さに加え、ケーキにチョコレート、焼き菓子にジェラート、シャルキュトリなど、大充実の品揃え。毎朝食べる食パンから、おやつ、手みやげまで揃い、使い勝手がよく、もちろん味も抜群。長年、ラインナップは変えてなく、それぞれの商品にファンがついているそう。「ひとつひとつが看板商品です!」という言葉も納得です。ああ、こんなお店が近くにほしい!と思う方も多いのでは?でも、遠くても大丈夫。お店の前だけでなく裏にも大きなパーキング(40台)があるので必ず停められます。

入って左側はカフェスペース。ここではケーキセットのほか軽食もいただけます。パンメニューの一番人気は上の写真の「ルーベンサンド」。パストラミやザワークラウト、エメンタールチーズをカリッと焼けたトーストでサンドしています。このパストラミのボリューム、かなり贅沢! 毎週水曜日はグランドピアノの演奏も行われているとか。美しいメロディに耳を傾けながら、ザッハトルテとウインナーコーヒーをいただく優雅な午後を過ごしてみませんか。

毎朝買いにくる人もいる「サイラートースト」(写真右・300円)。この美味しさとボリュームでこの値段って今時なかなかありません。朝7時からの営業なので、朝食に焼き立てが間に合います。サンドイッチも具だくさんで大人気。コスパ抜群でお店の良心を感じずにはいられません。ちなみに店で使うパン粉もつくっているそうなのですが、次から次にパンが売れるので、パン粉にするパンがなくなってしまうこともあるとか。この店の辞書に「フードロス」という文字はないのかも!

チューリップ満開の「も~も~らんど(油山牧場)」でまったり

※施設より提供

春風ってなんて心地いいんでしょう。暖かな風と日差しに誘われてやってきたのは「もーもーらんど(油山牧場)」。3月下旬ごろはチューリップが満開なんです。色鮮やかに咲き誇るチューリップの可愛いこと!
ファミリーに人気のふれあい広場でのんびりするもよし、乗馬体験(引き馬で馬場1周550円は安いっ!)や搾乳体験をするもまたよし。牧場内からは市内を一望することもできます。広い場所に来て、自然をたっぷり感じられると、人間癒されるものです。小さな子がいるファミリーのための場所なんて思っていたけど、大人でも十分楽しめます。

ここに来たら絶対食べたい!なのが、ジャージー牛乳を使った「牛乳ソフト」(400円)。自然な甘さが特徴の人気ナンバーワン商品。これを食べながらふれあい広場でぼ~っとしているだけでも、ほんわか幸せ気分にひたれます。

少し歩いて牛たちのいる放牧地へ! ここからは福岡市内が一望できます。少し歩くけどいい運動に。搾乳体験は毎日午前と午後の2回。少しコツがありますよ。1回100円で楽しめます。

マジックアワーを「レストランMORI」で

福岡市内屈指のロケーションを誇る「レストランMORI」。相島や大島、福岡空港まで見渡せる絶好のロケーションは昼もいいのですが、夜景の美しさは息を飲むほど。プロポーズレストランとしても有名です。あー、今まで一体何組のカップルがここで結婚を誓ったことでしょう。せっかく行くなら夕暮れから夜にかけてのマジックアワーに! 刻々と移り行く光景を眺めながら、ゆっくりとフレンチのコースをいただきましょう。

※店舗より提供

シェフは五島出身で魚料理はお手の物。野菜は糸島産を積極的に使っているそうで、盛り付けも色鮮やかです。季節の野菜を使ったポタージュスープも好評で、その滋味が染み入ります。

春はテラス席も良さそうです。食後のデザートをここで、というのもロマンチック! いつもは話せないことも、リラックスして話せそう。

帰路につく前に「油山片江展望台」で夜景アゲイン!

※福岡市より提供

ロマンチックドライブの最後を締めくくるべく「油山片江展望台」へ。車を停めて階段を上がると、眼下に広がるパノラマ状の夜景に思わず「わー❤️」と声がでます。ここ、何度来ても飽きず、ずっと眺めていたくなります。美食と絶景でお腹も心も満たされ、超リフレッシュできる春ドライブでした。

この記事はAudi正規ディーラーAudi福岡中央の提供でお届けしました。

店舗名

ハラペコラボ ミュージアムショップ&カフェ

住所

福岡県福岡市南区大池1−26−7

電話番号

092-710-1136

営業時間

11:30〜17:00(ランチOS14:00、カフェOS16:30)

定休日

日・月曜・祝日

席数

  • テーブル16席

個室

6名

メニュー

ハラペコアイスクリーム660円、スペシャル鉱物カフェ1,980円、宝石のカッサータ770円、和煎茶みどり440円、和紅茶あかり440円

店舗名

サイラー

ジャンル

  • スイーツ
  • パン
  • カフェ

住所

福岡市南区長丘2丁目1-5

電話番号

092-551-7077

営業時間

7:00〜19:00

定休日

1月1日のみ

席数

  • テーブル40席

メニュー

ケーキセット750円、ルーベンサンド600円

店舗名

も~も~らんど(油山牧場)

住所

〒811-1353 福岡県福岡市南区柏原710−2

電話番号

092-865-7020

営業時間

9:00〜17:00

定休日

水曜(祝日の場合は翌平日)

店舗名

レストランMORI(モリ)

ジャンル

  • フランス料理

住所

城南区東油山515−39

電話番号

092-861-4437

営業時間

12:00〜、13:00〜/18:00〜、19:00〜

定休日

火曜(祝日の場合は翌平日)

席数

  • テーブル56席

メニュー

ランチ4,950円・9,350円、ディナー9,350円・13,200円・16,500円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)