魚がとびきりうまい海鮮居酒屋【3】

福岡にいながら、北海道から毎日空輸される魚を楽しめる居酒屋

公開日

最終更新日

ライター江月義憲

カメラマン江月義憲

博多駅前

北海ひがし

  • LINE

全国的に「魚がうまい街」として知られる福岡に住んでいると、ついつい他の地方の人にも自慢したくなりますよね。しかし、一度でも訪れたことがあれば分かると思いますが、北海道の魚だけは別格です。サケ、イクラ、ウニ、ホタテ、毛ガニ、ボタンエビ、サンマ、そしてマグロなどなど・・・・・・。そんな福岡民にとって垂涎の的である北海道の魚をいつでも食べられるのが、博多駅前にある「北海ひがし」です。

大将の東裕さんは熊本生まれで料理人としてアメリカに渡り、ロサンゼルスで和食と寿司の職人として腕を振るった経験の持ち主です。帰国後は奥さんの地元・札幌で独自の仕入れルートを開拓し、「九州の人に北海道の食材を食べてほしい」と博多駅前で開業。北海道から毎日空輸される新鮮な魚介類が食べられる店は、福岡ではなかなかありません。

北海ひがし

カウンターのネタケースには、その日に届いた北海道の魚介類がズラリ。ホタテ、毛ガニ、本マグロの大トロ、ウニ、イクラ、タコなど、もうこれを見ただけでテンションが爆アガリです!

北海道直送の刺身が一番の名物ですが、今回、大将から新メニューとして勧められたのがこちらの「北海パフェ」(2,880円)。新鮮な魚の漬けの上にウニ、イクラ、ホタテ、本マグロの大トロなどの魚介類をパフェに見たててガラスの器に盛り合わせた豪華版です。
まるで煌めく宝石を散りばめたような見た目で、食べ進めるごとに濃厚な味わいが広がる北海道の海の幸に、たちまちノックアウトされてしまいました!

北海道名物の「ほっけ」は九州でも干物で食べることができますが、 こちらは新鮮な切り身をカラッと揚げた「生ほっけのフライ」(990円)。干物では決して味わうことのできないホクホクとした仕上がりで、自家製のタルタルソースとの相性もバツグンです。

アメリカで寿司職人として活躍した大将の握り寿司や巻き寿司も、この店の名物です。一番人気の「炙りバッテラ」(1本8切れ1,900円)は、北海道の魚を知り尽くした上で「脂の乗りが最高」と惚れ込んだ長崎産のサバを使用。表面を炙ることで脂の旨みがとろけるような食感がたまりません!
他にも穴子と海老天、蟹マヨを巻いた「ドラゴンロール」(1,900円)やクリームチーズを使った女性に人気の「フィリーロール(1,080円)など、カリフォルニア仕込みの”SUSHI”が食べられます。

北海ひがし

大将おすすめの日本酒は、北海道北西部の増毛町にある日本最北の酒蔵で造られる「国希(くにまれ)」。やっぱり北海道の魚には、北海道の酒が合いますね。
福岡にいながらにして新鮮な北海道の魚を堪能できる「北海ひがし」。数ある海鮮居酒屋の中でも、特別な存在感を示すオンリーワンな店です。

北海ひがし
北海ひがし

店舗名

北海ひがし

ジャンル

  • 寿司
  • 海鮮料理
  • 居酒屋

住所

福岡市博多区博多駅前4-8-15鳳城ビル1F

電話番号

092-414-6786

営業時間

11:30〜13:30/17:30〜23:00

定休日

日祝日

席数

  • カウンター6席
  • 掘りごたつ12席

個室

なし

メニュー

刺身盛り合わせ(1人前)1,670円、北海タコぬた890円、鶏ザンギ790円、ドラゴンロール1,900円、コース5,000円〜

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)