思わずお酒が進む中華料理店(4)

あえて抑えめのポーション。お酒とともにいろいろな料理を

公開日

ライター木下貴子

カメラマン木下貴子

胡坊アイキャッチ

舞鶴

餃子・中国酒菜 胡坊(こぼう)

  • LINE

これこれ、この食感! 久しぶりに食した春餅(シュンピン)の、変わらぬモチモチ感たるや……。追ってジューシーな鶏の甘味と甘辛味噌の味が口に広がり、ビールがぐびぐび進みます。今回ご紹介のお店「胡坊」のスペシャリテはビール泥棒。気づけばもうほぼグラスが空になっていました。

舞鶴小学校そばに店舗を構えて12年。店主・山内隆宏さん、美香さんご夫妻がお2人で続けてきた小さな中華料理店は、いわゆる「ザ・中華」というよりも和風の落ち着いた雰囲気です。席も掘りごたつ式の小上がりで、ゆっくり腰を据えて過ごせます。

胡坊内観
胡坊小上がり

今回の特集テーマにもなったように、いまでこそ中華料理とお酒を楽しめるお店も福岡には多くありますが、「胡坊」がオープンした12年前はこのスタイルは珍しかったんじゃないでしょうか。「確かにほとんどありませんでしたね」と山内さん。「それでも、僕ら2人とも焼鳥屋や居酒屋のような気軽に行ける店が好きだったので、そんな中華料理屋でチャレンジすることにしたんです」と当時を振り返ります。

胡坊店主

お客2人で何種類か楽しめる量を目安にと、一つひとつの料理のポーションを抑えめに提供しています。中華料理店は1品1,000円を超えるところが多いイメージですが、こちらはほとんどの料理が1,000円アンダー。そして前菜やおつまみの内容も、うんうん、充実していますね。

胡坊料理メニュー

「砂肝のピリ辛炒め」(680円)、「クラゲの酢の物」(660円)など酒好きの心が揺さぶられるもの満載ですが、私のここでの最初の品は心に決めているんです。冒頭で触れた「春餅/鶏のクレープ包み」(4枚720円)です。

胡坊春餅

小麦粉を練って一晩寝かせ、薄ーく伸ばして1枚ずつ焼き上げた薄餅に、ローストした鶏モモ肉、白ネギ、自家製中華味噌を包んでいただきます。薄餅を担当するのは美香さんです。とっても薄く焼かれた色白美人の薄餅で、熟練の技が光ります。

胡坊春餅

鶏モモ肉のローストも艶感たっぷり! 間違いのない絶妙な焼き加減っていうのが見た目からわかりますよね。

胡坊春餅

乗せて〜、包んで〜、

胡坊春餅包む
胡坊春餅丸める

完成!

胡坊春餅完成

薄皮はほんのり塩味。また、白味噌、桜味噌、ニンニク、ごま油などを混ぜて炊いて作る自家製中華味噌が味わい深く、お酒のアテにぴったりです。なお、「春餅とカシューナッツ飴揚げ2種盛り」(660円)というメニューもあり、そちらはグラスを空にさせるスピードがさらに速く、酒泥棒を超えてもはや魔物。

ここでお酒をチェンジ。メニューには紹興酒をはじめ、焼酎、日本酒、ワイン、中国酒、ウイスキー、サワー、カクテルとひと通り用意されています。「やはり紹興酒がどの料理にも合いますが、好きなお酒を飲んでいただくのが一番ですから」と山内さん。

胡坊ドリンクメニュー

ワインにしようか迷いましたが、紹興酒にいってみましょう。飲む人数で選べるようグラス、デキャンタ、ボトルと揃えられ、3年、5年、10年ものから選べます。飲み方は、おすすめのストレートにしました。

胡坊紹興酒

お供の一つには、私の好物・エビを食べたく「エビ春巻」(4本680円)をチョイス。春餅と同じ皮で包んでいるため、パリッと薄くてサックサクです。春巻き1本に対しむきエビが1尾半使われていて、どこを噛んでもエビのプリプリ食感と甘味を楽しめます。また、大葉がいいアクセント。もちろん、紹興酒との相性もばっちりです。

胡坊エビ春巻き

もう一つのお供は麻婆茄子、麻婆春雨が一度に味わえる「茄子と春雨の麻婆」(900円)です。数種類の豆板醤や甜麺醤をブレンドし、春餅の自家製味噌も加えたソースは芳醇で複雑な旨味。春雨はフォーほどの太さがあり喉越しよく、食べ応えもあります。開店当時から変わらぬ人気メニューというのも納得です。

胡坊麻婆

実は、麻婆の途中から白ワインへと移行していた私。辛味と繊細なワインが合うかしら?と一瞬思いましたが、杞憂でした。ご本人も「お店には長年通う常連さんが多く、年配の人やお子様連れでも楽しめるよう、優しい味を心がけています」と言うように、山内さんの中華料理は全体的に上品な味わいで、お酒と互い味を引き出し合います。

基本2人分を目安にしたポーションと前述しましたが、家族連れや大人数でも対応できるよう、多くのメニューに大きめのポーションも設定されています。例えば先の「茄子と春雨の麻婆」は大だと1,800円、「干焼蝦仁(エビチリ)」は930円、1.5盛り1,440円、大1,860円という具合です。また、「春餅」「エビ春巻」や「鶏の唐揚」(4個800円)などは大人数の場合、人数に合わせた個数注文もできます。

お酒好きにおすすめするのはもちろんですが、お酒を飲まない人でも、家族でも存分に楽しめます。いろいろな人が美味しい笑顔になれる中華料理店だなとあらためて感じました。

胡坊外観

店舗名

餃子・中国酒菜 胡坊(こぼう)

ジャンル

  • 中華料理

住所

〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴2丁目7−1 ライオンズマンション舞鶴第3

電話番号

092-713-1055

営業時間

11:30〜OS13:30/17:30〜OS21:00(土、日祝日は夜のみ)

定休日

火曜、他月1回不定休あり

座席

  • カウンター6席
  • 小上がり16席

個室

なし

メニュー

焼き餃子(8個)560円、皮蛋(ピータン)390円、糸島豚のオイスターソース炒め1,080円、豚足のトロトロ醤油煮込み880円、ねぎ炒飯880円、酸辣打滷麺(スーラーダールーメン)880円

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

人気記事ランキング

  • 24時間
  • 1週間
  • 1ヶ月