2022年5月に読まれた記事ベスト10発表。1位は「博多駅地下の食堂街は地元の人気店が大集結!」に決定

公開日

ライターUMAGA編集部

  • LINE

福岡の“うまい”を探訪するWEBマガジンUMAGA。今年5月に公開した記事からアクセスの多い記事ランキングベスト10を発表します。

1位:博多駅地下の食堂街は地元の人気店が大集結!

5月で最もアクセスされたのは、JR博多駅地下1階にある「博多のごはん処・呑み処」の記事。うどんや海鮮料理、とり皮、もつ鍋などの博多名物が味わえる店や、ハンバーグやとんかつ、パスタなど、大人も子どもも大好きなメニューを味わえる店まで、さまざまな食事&呑み処が10数軒集まっています。朝8時から開いている店や昼飲み、夜飲みにぴったりな店もあり、いろいろなシーンで利用できそうですね。1位の記事はこちらから

2位:できたてめんたいと釜炊きご飯。究極の博多ランチ見つけました

2位には、できたてめんたい✕釜炊きご飯という究極の組み合わせを楽しめる、博多ランチを紹介した記事。できたてめんたいとは、熟成後、一度も冷凍されずに店舗へ届けられるやまやの辛子明太子。すなわち、漬けあがったばかりの一番美味しい状態の辛子明太子というわけです。炊き立てご飯と一緒に食べると美味しいはずですね。2位の記事はこちらから

3位:博多駅で買う、博多みやげの決定版

3位には、博多駅筑紫口から入って右手にある「みやげもん市場」の記事がランクイン。「みやげもん市場」は、スイーツ、明太子、酒販店が軒を連ね、福岡みやげを探すのに便利なスポットです。1位の「博多のごはん処・呑み処」と、3位の「みやげもん市場」に記事には、ゴールデンウィーク中にたくさんのアクセスが集中しました。コロナも治まり、帰省される方や旅行客の方達が読んでくれたのかもしれません。3位の記事はこちらから

4位:舞台は薬院から清川へ。「磯ぎよし」新業態、角打ちも誕生!

福岡を代表する海鮮居酒屋「磯ぎよし」が、新たに清川でパワーアップした新業態の店を構えました。その名も「磯ぎよからず 博多本店」。これまでの雰囲気とは一変したシックな空間で、居酒屋からさらにグレードを上げた海鮮料理店を楽しむことができます。4位の記事はこちらから

5位:多彩な料理から寿司まで楽しめる薬院六つ角の名酒場

5位には、特集「気軽に立ち寄れる居心地抜群の大衆酒場」より薬院「仙八」の記事がランクイン。大正通りと上人橋通りが交差する薬院六つ角周辺エリアは、新旧合わせて数多くの飲食店が集中する福岡市内でも屈指のグルメスポット。中でも六つ角から南東方面に斜めに下る通りには有名店が軒を連ねています。その中の一軒「仙八」は、この場所で20年以上にわたって提灯を掲げる魚料理が自慢の酒場です。5位の記事はこちらから

6位:極小パスタ屋から始まった 「アマム ダコタン」平子劇場のストーリー

マリトッツォ発祥の店として知られる「アマム ダコタン」のオーナー平子良太さんのインタビュー。10年ほど前に7坪の小さなパスタ店から始まり、ドライフラワーショップ、ベーカリー、ドーナツと福岡から東京まで縦横無尽に活躍する平子さんの足跡を振り返ってもらいました。6位の記事はこちらから

7位:味、ボリュームともに完全ノックアウト。予約必須の人気ランチ

特集「コスパ抜群のご褒美ランチ」から「トラットリア・ポルチェリーノ」の記事がランクイン。2種類あるランチはいずれもハイコスパですが、とくに「ポルチェリーノランチ」(2,200円)は、前菜、パスタ、メイン、デザート、パン、コーヒーの内容で、味もボリュームも大満足です。7位の記事はこちらから

8位:旅行欲を満たしてくれる、現地の味と空気感たっぷりの韓国食堂

現地の味と空気感が楽しめる韓国食堂「モクサルコプチャン」が、薬院と大橋に同時オープン。二大名物「モクサル(肩ロース)」の焼肉と「コプチャン(ホルモン)」鍋をメインにした各セットはハイコスパ。小皿料理12種、副菜3品が付き満足度たっぷり!8位の記事はこちらから

9位:高宮エリアで出逢える、破格の2,000円フレンチコース

特集「コスパ抜群のご褒美ランチ」から「LE COLVERT」の記事がランクイン。西鉄高宮駅から徒歩2分の好立地に登場したのが12年前。それから今日に至るまで、ずば抜けた満足感で常連客の厚い支持を集めています。9位の記事はこちらから

10位:ナポリピッツァの名店から、イタリア野菜の生産者に転身

ナポリピッツァの名店「ピッツェリア・ダ・ガエターノ」のスタッフから転身し、生まれ故郷の久山町で農業を営む城戸勇也さん。自ら育てるイタリア野菜を使った朝食専門店「chicchi richi(キッキリッキー)」をオープンし、循環型農業を核にした新しいビジネスモデルを模索しています。10位の記事はこちらから

5月も、いろんなジャンルの記事がランキングに選出されましたが、UMAGAならではのインタビュー記事がランクインしたのは、編集部としても嬉しい限りです。福岡エリアは梅雨入りして鬱陶しい天気が続きますが、UMAGAを読んでうまい食事を楽しんで、雨空を吹き飛ばしましょう。

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。

記事に関する諸注意

  • ※この記事は公開時点の情報ですので、その後変更になっている場合があります。
  • ※「税別」という記載がない限り、文中の価格は税込です。
  • ※掲載している料理は取材時のもので、季節や仕入れにより変更になる場合があります。
  • ※OSはオーダーストップの略です。
  • ※定休日の記載は、年末年始、お盆、祝日、連休などイレギュラーなものについては記載していません。定休日が祝日と重なる場合は変更になる場合があります。
  • ※編集部の都合により撮影時にマスクをはずしていただいたり、アクリル板をはずしていただいて撮影している場合があります。
  • ※掲載しているメニュー内容、営業時間や定休日等はコロナ禍ではない通常営業時のものですので、おでかけの際にはSNSや電話でご確認ください。
週刊「UMAGA通信」メルマガ会員登録はこちらから(毎週配信)